外壁塗装をしっかりして家の安全を守ろう!

塗料には特徴がある

塗料と玩具の家

傷み加減を見極めます

三重県にある外壁塗装業者では、相場がわかりにくい外壁塗装を塗料の種類から価格まで、細かく相談に乗ってくれます。外壁塗装の塗料には3種類の成分から構成されています。外壁の表面を保護する合成樹脂は、その材質によって耐久性や価格が大きく異なっていきます。塗料には色合いや艶を出すことができる顔料も含まれています。今までの外壁とはイメージを変える事もこの顔料を変える事で可能になります。そして、塗料が全体的に均一に塗ることができるよう、添加剤が含んでいます。これが入っていないと塗膜にムラができ、綺麗に仕上がりません。また、実際に外壁塗装を依頼する際に気になるのが、塗料の種類でしょう。その種類によって耐久性が異なります。一般的に使用されているシリコン塗料は比較的リーズナブルにで10年から15年ほどの耐久性があります。また、雨に強いフッ素塗料も定番となっています。価格はやや高めですが耐久年数が高く、適材適所で三重県の外壁塗装業者は使い分ける事を勧めています。同じシリコン塗料でも、油性のものと水性のものがあります。希釈剤がシンナーの場合は油性で、水性のものよりも効果が期待できます。三重県では少ないですが、雪の降る環境では油性の方が好まれています。油性も水性もそのまま塗ることが可能な1液タイプと、主材と硬化剤を混ぜ合せて作る2液タイプがあります。調合したものの方が効果が高く、外壁の傷み加減や日当たりの強さによって使い分けます。三重県の外壁塗装業者はこのように環境による傷み方の違いや、耐久性を考慮しながら塗料を選んでくれます。