外壁塗装をしっかりして家の安全を守ろう!

外壁を塗り替える理由

家の模型と刷毛

塗料の様々な効果

外壁塗装の目的は防水性を高めることで、その他には家の美観を保つ効果や断熱効果などがあります。外壁塗装をしていない家は雨や雪による水分が室内に漏れて内部の木材やコンクリートを腐食させる原因になります。外壁塗装をしたばかりのころは美しく見えても直射日光や雨や雪の影響で塗料が劣化していくのです。劣化した塗料は水をはじく効果が減少し外壁材に水分が溜まるようになります。水分が乾いたあとにまた雨が降って水分が溜まるという繰り返しが外壁材にゆがみをつくります。外壁が伸縮して表面にヒビができるようになります。そして、ヒビから水分が入り込んで湿気がたまりヒビが大きくなっていきます。このように外壁塗装は自分で気づかない間に徐々に劣化しているのです。名古屋は夏に高温が続き直射日光が照りつけ、梅雨の雨によって外壁の塗料は耐久性を失っていきます。放置していると湿気による家のゆがみは家の土台にまで悪影響を及ぼすようになります。外壁塗装はおよそ10年が塗り替え時期といわれていますので名古屋の外壁塗装、防水工事をしている業者に問い合わせてみましょう。名古屋の業者は防水機能が高い塗料や汚れが付きにくい塗料、断熱効果がある塗料などから施工主の希望に応じた塗料を選んで塗り替えてくれます。雨水が内部の断熱材に染み込むと断熱材の補修工事や土台の基礎工事が必要になり費用の負担が増えてしまいます。このような事態を招く前に名古屋の業者に相談してみましょう。