CRMを取り入れると便利|セキュリティ対策にもなる

もう1度来てもらうために

PCを操作する人

最短の方法で呼び寄せる

マーケティングの基本はリピーターの確保です。いかにしてリードが見込めるかを、マーケティングオートメーションに取り入れていきます。いくつかの事例がそれを示しています。多くの飲料メーカーではメール配信やリスト作成はアウトソーシングで、原稿はインソーシングでと、労働力も業務もバラバラでした。しかし、インターネット上のサービスを導入することで自社でメール配信を一元化し、マーケティングオートメーションに成功しました。その結果1人1人の顧客へ、必要な情報を適切に送付することが出来るようになりました。また、教育材料の通販大手では、インターネット上のサービスの中から、一部だけを利用してマーケティングオートメーションに成功しました。介護や語学など幅広い部門から成り立っている会社では、各々の部門のデータ管理は出来上がっていたため、このような導入方法が取られました。インターネット上のこれらのサービスが、サースにも柔軟に対応していることが、この事例からよくわかります。運営部門が多岐に渡るこの企業では、サイト数の多さから個々の集積結果をもう1度集積しなおすという、時間とコストの大幅な無駄が生じていました。マーケティングオートメーションによる一元化でコスト削減と従来の顧客データの解析も進み、集客数が増えました。他にも、サイト訪問者のアクセスを紐解き精密に分析して見込み客を獲得した事例や、顧客との密な提携で潜在顧客数が増加した事例、ブログの構築などインバウンドマーケティングに力を入れて見込み客を増やしていった事例もあります。このようにマーケティングオートメーションには社内の仕事を一元化する方法だけでなく、様々な手法があります。最終的な目標は見込み客の確保ですから、その点をよく考慮して成功事例などを参考にして、マーケティングオートメーションを自社へ上手に取り入れていってください。