CRMを取り入れると便利|セキュリティ対策にもなる

PCを操作する人

もう1度来てもらうために

マーケティングオートメーションで自社の業務管理を一元化し、見込み客を増やした事例が多く存在しています。個々バラバラに発していたメールを一元管理して配信先のターゲットを明確にしたり、一部にだけ取り入れることで従来の解析結果を更に精確にして顧客の行動分析を進めるなど、良い結果が報告されています。

通話

電話対応をよりラクに

基本的な対応、相手にスケジュールを伝える、重要な電話は転送するなど、これらはすべて電話代行に依頼できる基本的なサービスプラン。これ以外にも依頼したいならオプションサービスの有無をチェックし、料金は月額固定か従量制かといった部分を比較しながら選びましょう。

電話

格安の業務委託

企業の業務効率化を図るには、今担当している業務を外部へ委託する事で解決へ繋がる事でしょう。外部へ委託出来る業務として、電話代行があります。日々の入電を一括で外部へ委託が可能となりますので、東京の企業でもコスト削減に繋がるでしょう。

継続的な関係を築くために

男の人

属性と購買履歴分析が大切

顧客の情報を管理できるシステムがCRMです。このシステムは、医療機関や銀行、コールセンターといった様々な場所で必要とされています。顧客とはBtoBの場合は取引先、BtoCの場合は個人を指し、CRMはそのシステムを含めるのが一般的です。昨今は市場を拡大したり、市場占有率を上げたりすることによる利益の確保は、コストと見合わなくなりました。そのため顧客数の増大よりも、既存顧客との関係性を強化して、継続的に購入してもらえることが必要です。また近年はSFA(営業支援システム)との統合が進み、クレーム内容のほか、BtoBの場合は所属会社・部署名や交渉状況・成約可否なども管理します。CRMの活用で大切なことは、この属性と購買履歴の分析です。例えば性別と過去の購入商品のカテゴリーを分析して、おすすめ用の上位製品や関連商品を導き出すことができます。ネット販売であれば、トップページにそれらを表示したり、特典付きのDMを送付したりして再購入を促すことが可能です。また同じ作者・ミュージシャンの書籍・CDの購入が続いている場合は、新刊をいち早く知らせて予約可能にすることで、売上を見込めるメリットもあります。なお顧客情報は個人情報であるため、絶対に外部に漏れないようにしなければなりません。そのためには、システムのセキュリティ対策と体制を万全にすると共に、従業員や関係者に対する教育が必要です。また、CRMを導入する際にはプロの業者に依頼するのがよいとされています。しかし、現在では数多くの業者があるため、信頼できる業者を見つけて依頼することが大切です。